メタトロン

メタトロン波動測定器とは?

更新日:

メタトロン波動測定器とは?

メタトロン波動測定器とは一体なんなのでしょう?
まだまだ知らない方が多いメタトロン波動測定器。

実は世界の50ヶ国以上で導入されており、日本国内でも200以上クリニックや整体、接骨院、歯科、サロンなどで導入されています。

・そもそもメタトロンとは何なのか?
・メタトロンで何ができるのか?

など、この記事では「メタトロン波動測定器」についてわかりやすくご紹介していきます。

メタトロン波動測定器1

1、メタトロン波動測定器とは?

メタトロン波動測定器は、ロシア人科学者によって開発された周波数を計測する機器で、心と体の状態を周波数で把握することができます。

ロシアでは医療機器として、アメリカではバイオフィードバックの器械として承認され、世界中ではおよそ1万台以上が流通をしています。

メタトロン波動測定器は、東洋医学やアーユルヴェーダなどの考えが広く取り入れられており、世界最先端テクノロジーと伝承医学の融合により、ホリスティックな見地から、未病の対策ができることを期待されています。

2、メタトロン波動測定器でできること

メタトロン波動測定器では大きくわけて以下の2つのことができます。

  • 身体の状態を測定し、全身の状態を視覚化し教えてくれる
  • バランスが整っていない箇所をその場ですぐにメタセラピーしてくれる

上記以外にも、合わない食べ物や食べすぎている食物、飲み物などを教えてくれたり、目には見えないチャクラのバランスを教えてくれます。

メタトロン波動測定器は「医療機器」ではありませんが、欧米ではすでに医療現場で使用され多くの結果を残しております。

3、メタトロン波動測定器でわかること

メタトロン波動測定器は、周波数によって情報伝達がうまくできているのかを測定し、細部(約2000カ所)にわたっての体のバランス状態を調査し、調査結果を視覚的にわかりやすく表示することができます。

なぜメタトロン波動測定器でそんなことがわかるのでしょうか?

実はわたしたちの臓器や細胞などにはそれぞれの固有の周波数があります。
その周波数が乱れるといろいろな病気を引き起こす原因になると考えられています。
この考えから、周波数を測定するメタトロン波動測定器が作られたのです。

実際どんなことがわかるのか詳しく見ていきましょう。

(1) あなたの今の身体の状態がすぐにわかる

メタトロン波動測定器は全身約800箇所をスキャンし、あなたの身体のどこがバランスを崩しているのかを視覚化して教えてくれます。

心臓や胃、脳などの大きな臓器以外に血管や皮膚に至るまで、足のつま先から頭頂まで隅々細胞レベルでナノスキャンをし、あなたの状態を見せてくれるのです。

測定の時間は短くておおよそ5分、長くて15分ほどで完了し、それぞれの箇所を6段階評価で知らせてくれます。

メタトロン波動測定器3

上記の5,6が特にバランスを崩している箇所として表示されます。

(2) チャクラの状態を知ることができる

メタトロン波動測定器4

進化し続けているメタトロンの最新のバージョンは、インドの伝統医学であるアーユルヴェーダの7つのチャクラをみることができるようになりました。
チャクラは身体を何層にも包むエネルギー体のセンター、出入り口です。

第1~2のチャクラは肉体や生命活動の基本的なエネルギーをつかさどるチャクラで、副腎ホルモンや生殖、恐れなどに関係します。

第3チャクラは消化器系、第4チャクラは心臓や肺。第5チャクラは甲状腺や喉に関係し、自己認識や愛情に関係します。

第6、第7チャクラは松果体や脳に関係し、直感や感性、精神性などのもっとも高次なものに関係します。
メタトロンはチャクラのエネルギーの状態を可視化できるようになったのです。

(3) 合う食物、摂りすぎている食物、摂らないほうが良い食物がわかる

メタトロン波動測定器5

疾患リスクの想定や、不調の根本的/体質的原因の分析、体質改善の為の食材や漢方等の個別相性テストにより、一人一人にあった体質改善・食養生の具体的メニューを考察
出典:メタトロンジャパン

肉や野菜をはじめ、食べ物や飲み物すべてに周波数があります
メタトロンはその食べ物の周波数と本人の周波数が共鳴しやすいかどうかを測定します。

当然、身体にとっては共鳴しやすいものを食べたほうが良いので、共鳴しにくいものは控えたほうがいいということになります。
本人の好みによる嗜好性と共鳴とは、まったく関連がないので、何が共鳴しているのかは自分では全くわかりません。

好きな食べものが、自分の身体に共鳴していないということも少なくありません。

これは一般的な栄養学とは全く異なるので、「カロリーはどれくらいなのか?」「ミネラルやビタミンを摂取しましょう」という考え方には関連しません

あくまでも食物の周波数が、その身体に共鳴しているか、否かを測定するのがメタトロンなのです。

食べ物は身体をつくる基本なので、自分の身体との共鳴をメタトロンで測定することは、健康的な生活を考えたときに、とても役立つ情報を得ることができると思います。

メタトロン波動測定器の画面には食材が相性のいい順番に並んでいるのですが、一つ一つの食品が良い悪いと言うよりも、どの食べ物を食べすぎているのか、肉などタンパク質を取った方がいいのか、野菜果物中心に取った方が良いのか、乳製品が良いのかなど、傾向を掴むのに適しています

4、測定器であっという間に全身の乱れた周波数を調整できるメタセラピーとは?

メタトロン波動測定器6

メタトロンは医療機器として日本では承認されていません。
ですから、メタトロンは病気を診断したり、治療をしたりする目的ではありませんが、バランスを崩している箇所の周波数をその場でメタセラピーをすることにより、調整することができます。

5、メタトロン波動測定の流れ

メタトロン波動測定の流れはとてもシンプルです。

(1)情報をインプットする

まず、測定を受ける人は年齢と性別、血液型を入力します。

(2)ヘッドセットを装着する

次に、着衣のままメタトロン波動測定器の前に座り、ヘッドフォンのような形をした情報収集器(ヘッドセット)を頭につけます。

(3)メタトロン波動測定器でナノスキャンする

ヘッドセットを頭に装着し測定をスタートすると、メタトロン波動測定器が全身をくまなくナノスキャンし、チャクラの状態、全身の状態を画面に表示し測定を続けます。

時間は早くて5分ほどで終了し、バランスが崩れている方などでも15分ほどで完了します。
測定中も画面に臓器、血管などの情報が映し出されるので、その場で自分の状態を目で見て確認することができるのがメタトロン波動測定器の大きな特徴と言えるでしょう。

また、放射線を用いたりするわけではないので、人体にとても優しい測定方法ですし、何よりメタトロンの測定は、レントゲンのように服を脱いだり、事前に食事や水を制限する準備が必要なく測定することができるので気軽と言えます

※ヘッドセットの役割とは?
ヘッドセットは身体に微弱な磁気周波を送ります。
その周波数で測定部位のどの部分で共鳴しているか共鳴していないかをヘッドセットが受け取り、受け取った情報をパソコンの画面に表示させます。

このヘッドセットはトリガーセンサーといい、人体から発する微弱な磁気波動やノイズを測定できるので、メタトロンの心臓部といえるほど大切な部分です。

6、メタトロン波動測定はどこでできる?

メタトロン波動測定は、機械を導入しているところならどこでも受けることができます。
ですが、メタトロン波動測定をする目的をしっかりと考え、測定をするクリニックやサロンを探すことが非常に重要と言えます。

こちらで東京、大阪などの近畿地域、福岡などの九州地域で測定ができるクリニックやサロンをまとめておりますので、参考になさってください。

東京で「メタトロン測定ができるクリニック5選・サロン4選」徹底比較

大阪・近畿エリアで「メタトロン測定ができるクリニック5選・サロン2選」徹底比較

九州(福岡)で「メタトロン測定ができるクリニック5選サロン2選」徹底比較

 

こちらの動画もあわせてご覧ください。

6、まとめ

いかがでしたでしょうか?
メタトロン波動測定器はこれからの日本に大切な未病の装置だとわたしたちは考えています。

普段意識を向けない臓器、血液、チャクラなどのバランスを知り、合う食べ物や食べすぎている食べ物を知ることで、さらに身体を大切にしようという「意識」が生まれ、それがのちに病気にかからない身体づくりができることと思います。

ぜひ一度お近くのクリニックなどに足を運んでみてはいかがでしょうか?この記事があなたのヘルスケアのお役に立てましたら幸いです。

  • この記事を書いた人

阿部 泉

HOLICARE JAPAN ASSOCIATION代表 心と身体の繋がり、そしてフランス式アロマテラピーについて研究し、ホリスティックなケア(個ではなく全体)を知りケアすることの大切さを提唱。2008年から述べ2,000人以上の方に向けてセミナーや講座などを開講。

-メタトロン
-,

Copyright© METATRON(メタトロン)ドットコム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.