チャクラ メタトロン

チャクラ測定器の種類と知っておきたいこととは?

更新日:

メタトロン波動測定器4

チャクラとは、サンスクリッド語(古代インド・アーリア語に属する言葉)で「円・円盤・車輪」など中心を意味する言葉です。スピリチュアルな世界では「チャクラを開く」とか「チャクラを活性化する」など、さまざまな使われ方をしますが、もともとはヨガ用語として広く普及してきました。

ヨガの世界では、実際に身体を動かしてポーズを作るアプローチと、目に見えない力を訓練するアプローチがあります。呼吸や瞑想、チャクラなどもそのひとつです。最近ではチャクラそのものが独立して取り上げられることが多くなりました。

ここでは「チャクラとは何なのか」「チャクラを知ることでどんなメリットがあるのか」についてご紹介していきます。

1、チャクラ測定器とは?

チャクラ測定器の種類や、各社のアプローチについてご紹介します。

(1)チャクラ測定器の種類

◆IPP社「量子波動器メタトロン」

全身の生体磁場エネルギー情報を読み取り、7つのチャクラを含め心身のバランス状態や、体にあった飲食物をランキング表示してくれる。体にあわない飲食物なども教えてくれるので未病の予防や、アレルギー対策をとることも可能。セラピーでは心身が本来持つ働きへと整えてくれて、原因の分からない不調にも対応ができる。

◆RAYONEX社 「チャクラオープナーデュープレックス」

7つのチャクラに対応するそれぞれの周波数(100,95,70,85,55,90,45Hz)を一度に出力し、チャクラを開いて活性化させるように働きかける。

◆株式会社カラーエネルギー研究所 「バイオパルサー」

チャクラを数値化して表示する事により身体の状態やバランスを見る統合エネルギー分析システム。個別の特徴・個人固有のパターン・バランスの度合いを解析する。

◆株式会社トントゥシステム 「Stress Scanner®」

心拍測定から自分の「ストレス サイン」を知る測定器。約5分間計測して9つのサイン(自律神経バランス・神経液性バランス・精神感情状態・調和レベル・生物学的年齢・オーラ(エネルギー)レベル・チャクラバランス・経絡レベル)をチェックする。

(2)知っておきたい注意点

チャクラは今や、目で見て確認できる時代となりました。目では見ることのできなかったエネルギーを、今や誰もが確認できるようになったのです。

チャクラというとスピリチュアルな方面に視線が逸れがちで、自分のチャクラがしっかり開いているかを気にする方も多いと思います。しかし大切なのは、チャクラの状態を確認した後、現実の生活にどう生かすか?ということです。チャクラの状態を知るのは、人生を充実させるための手段であって、ゴールではないからです。

ここでオススメする量子波動器メタトロンは、チャクラの状態を目でみてわかるように表示してくれる測定器です。不調が見つかれば、整えることも可能です。

「チャクラを整える?」「どんな風に?」疑問に思われる方も多いと思います。ここからはメタトロンの可能性についてご紹介していきましょう。

2、チャクラ測定だけでない「メタトロン」の可能性とは?

量子波動器メタトロンは、身体と心全体の周波数をリサーチし、不調な箇所を見つけ教えてくれます。発症する前の不調が分かれば、大事になる前に対処することができるため、未病予防としても期待されています。

(1)メタトロンで7つのチャクラの状態を知り、ケアの方法を知る

メタトロンはチャクラのエネルギーを周波数として感知し、状態を評価します。チャクラは第1チャクラから第7チャクラまであり、それぞれに正しい周波数があります。チャクラの不調は心の不調とも直結し、肉体にまで影響を及ぼします。それゆえ、しっかりとしたケアが必要です。

チャクラを自力で整える方法は色々あります。自分と向き合う時間をとったり、ヨガをしたり、チャクラを整えるスピリチュアル系セラピストにゆだねるといった方法等があります。

(2)そもそもチャクラとは何なのか?

チャクラとはエネルギーの出入り口のことです。身体にそれとわかる印がついているわけではなく、肉体の外側に位置しているので手で触ることはできません。

またチャクラは「回転が高い・低い」などと表現されることがありますが、それらはチャクラのエネルギーを表現していると言えます。ヨガの世界ではチャクラが活性化してくると直観力が高まるなどと言われることがあり、精神性を深めるポイントともなっているようです。

(3)チャクラと心身との関係

チャクラは「心」と「身体」両方にとって、大きな役割を担っています。

たとえば第1チャクラが本来の働きをしていると、自分軸がぶれずに現実を生きやすい状態であると言えます。第2チャクラは「腹を決める」など情緒に関係し、第3チャクラはあらゆる活力の源と言えます。

第4チャクラは愛情を担い、第5チャクラはコミュニケーションと深いかかわりを持っています。第6チャクラはひらめきやインスピレーションを感じ取り、第7チャクラは覚醒ともいわれます。ヨガではこの第7チャクラの活性化を目的とするものもあるようです。

チャクラは臓器とも密接な関わりがあります。チャクラの周波数が本来の周波数と大きくずれていると臓器や身体の調子が悪くなるだけでなく心も落ち込みます。逆に言えば、チャクラの周波数を整えると臓器や肉体も整うということです。

チャクラと臓器のくわしい関係性はこちらの記事を参考になさってください。

チャクラのケアは身体と心、全てのケアにつながっていると言えそうです。

3、チャクラだけでなくメタトロンで測定できること

メタトロンは身体と心・精神面の両面からのアプローチが可能な測定器です。チャクラを含め身体の中にある800箇所の部位をスキャンし周波数を読み取って、本来の働きをしているところと、そうでないところとを教えてくれます。

具体的には

◆食品・飲料・環境へのアレルギー反応

◆食べ過ぎている食品・飲料

◆薬との相性

◆臓器・細胞の状態

◆自律神経のバランス

◆チャクラの状態

◆植物・鉱物等との相性

◆現在の病気の可能性・未来の病気の可能性

などについて知ることができます。

(1)チャクラの状態を10秒で測定可能なメタトロン

メタトロン波動測定は、ヘッドフォン様のデバイスを装着するだけです。採血も、レントゲン撮影も、着替えも不要です。測定時間は個人差がありますが、チャクラは10秒程度、全身の測定は5分~10分程度。痛みも無いのでリラックスして測定できます。

(2)測定だけではなくメタセラピーで整えることが出来るメタトロン

メタセラピーは波動測定後に判明した不調な箇所を、整えるセラピーです。

私たちの細胞や臓器には「本来のあるべき周波数・波動」があります。しかし、日々のストレスや不規則な生活のため、本来の波長からずれることが多く、そこに本来の正しい周波数を共鳴させ、波動を調整していきます。これがメタセラピーです。

チャクラにも正しい周波数があるので、メタセラピーで整えることが可能です。このセラピーもヘッドフォン様デバイスを装着するだけです。

(3)たった1分でメタセラピーを転写した波動水を作ることが可能

メタセラピーは不調を整えるセラピーです。根の浅い不調に関してはそれほど時間をかけずに整えることができますが、根の深い慢性的な不調に関しては時間をかけて整えていく必要があります。

そんなメタセラピーをサポートしてくれるのが波動水です。

波動水とは、身体に必要な周波数を転写した水のことです。あなたの身体を整えるために必要な、3つの周波数を転写して作るあなた専用の波動水です。作成時間はわずか1分。あっという間に出来上がります。

波動水の有効期間は約3日間です。メタセラピーを受けた身体はその瞬間から変化し始めます。変化の猶予期間を含め、3日間程度飲用できます。

4、メタトロンでチャクラ測定が可能な医院・治療院・サロン

日本各地にある施設をご紹介します。ご利用の際には、事前のご予約をおすすめします。

波動検査・測定が可能な東京エリアのクリニック6選・サロン4選

波動検査・測定が可能な大阪・近畿エリアのクリニック4選・サロン3選

北海道で「メタトロン測定ができるクリニック3選・クリニック3選」徹底比較

横浜で「メタトロン波動測定ができる整体院・サロン」徹底比較 

埼玉で「メタトロン 測定ができるクリニック3選」徹底比較 

九州(福岡)で「メタトロン測定ができるクリニック5選サロン2選」徹底比較

 

5、まとめ

いかがでしたか?一人静かに自分と向き合い、チャクラをケアするのもいいですが、視覚で確認し周波数で整えていくというアプローチもありかもしれません。

大切なのは、自分の心と身体をなおざりにしないということ。今の身体で、今の人生を生きるのは、今回だけ。納得して歩いていくためのサポートとなれば幸いです。

ありがとうございました。

 

  • この記事を書いた人

sasaki

2007年ベビーマッサージ・インストラクターからスタート、カラーセラピーや数秘術、オラクルカードリーディングや催眠療法などを学ぶ。現在はそれらをベースにしたオリジナルセッションでリアルとスピリチュアルを上手く取り入れ、個性を発揮して生きるアドバイスをしている。

-チャクラ, メタトロン
-

Copyright© METATRON(メタトロン)ドットコム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.