セルフケア

ヘナを選ぶ時の注意点

投稿日:

30才をすぎると、髪に艶やボリューム白髪、抜け毛など誰もが何か気になることがおこってきます。爪はネイルをしたり艶のケアをすることができますが、髪のお手入れに個人差が出てくるのもこの時期からのように感じます。

実は、まだ多くの方がケミカルな白髪染めの経皮毒に目を向けていないことも事実。

きっとこの記事を読んでくださっている方は、ケミカルな白髪染めからもう卒業したいという方かもしれないですね。

そんな皆さんに、今回はいいヘナを選ぶコツや、ヘナの注意点などご紹介させていただきます。

せっかく体にいいものを選びたいというあなたのお役に立てることと思います。

1、Henna(ヘナ)ってそもそも何?

禊萩(ミソハギ)科の低木の植物の葉の新芽を粉末にしたものです。1日の温暖差が厳しい環境の中でいいヘナが育つと言われています。

主なヘナの産地はインド、グジャラード州、ラジャスタン州など1日の温度差が厳しい環境で育ち、高品質のヘナは香りはヨモギのような穏やかなリラックス効果を感じる香りがします。

この香りだけで、副交感神経のスイッチが入り自律神経を整えてくれる役割も果たして
くれます。

さらにヘナの凄いところは、どんな髪質の方にも配合バランスで対応できるところにあります。

髪が薄い、ハリがない、乾燥気味、くせっ毛、多くて広がってしまう、白髪、頭皮にトラブルがある、頭皮が油っぽい、フケが出る、かゆみがあるなど、どんなお悩みの方にもヘナが解決してくれそうです。

そしてこのヘナという植物は、天然のトリートメントでありながら、抗菌作用、抗酸化作用にも優れていて、白髪染めだけではなく子宮を綺麗にしたり、腎臓や肝臓のデトックス、そして心の浄化にも効果的な働きがあるミラクルプランツなのです。

2、ヘナの種類はピンキリ

それではヘナの種類をご紹介していきましょう。

(1)日本に流通しているヘナとは

日本に流通しているヘナの種類は200種類を越えると言われています。
せっかくいいものを体に、髪に取り入れたいと思っている皆さんなので、上質なヘナライフに繋がって行けることは大事なことですね。

産地や、メーカー、どんな会社が取り扱っているのか明確なものが安心です。

着色した緑色だったり、新芽だけでなく葉全体や枝まで入って粉末になっている粗悪品も流通されていたりします。

また、匂いがクセが強くて使いにくい、染まらない、混ぜにくいなど色々な品質があります。

ー本当に髪が染まるもの
ー染まるだけでなく、心にも体にも浄化効果を持つもの
ーやり方がシンプルで、わかりやすいもの
ー香りが自然なよもぎのような爽やかなもの

のようなヘナを選びたいものですね。

(2)化学物質が入っているヘナもある

ケミカルな発がん性物質のジアミンが入っているヘナは染まりはいいのですが、避けたいと思っている劇薬が入っているので肌が弱い人は荒れたりするでしょう。

毎月染める必要のあるヘナですから、ジアミンやアンモニアなど科学的な物質は経皮吸収されて子宮や体の中に蓄積されてしまいますので、成分を確認し、ヘナ100%、またはヘナと植物のみのものを選ぶことをお勧めいたします。

本来ヘナの色は、赤と黄色の2種類があります。そこに黒く染めるために、インディゴ(ナンバン藍)が入ることがありますが、インディゴ以外でケミカルな物質が入っているものは避けることをお勧めします。美容室でヘナをされる場合、気になる方は使うヘナ粉の成分を美容師さんに確認するのも安心かと思います。

(3)染まりがいいかどうか

これも実際に使って見ないとわからないことも多いかと思いますので、ぜひ口コミなどを確認されることをおすすめします。

また「お湯を何度で」など言われることも多いですが、常温の水とヘナの粉だけで染まるものがお勧めです。

そして、染まり具合につながることの一つとして、ヘナの塗り方も大事です。紹介販売制のメーカーでは、ヘナの塗り方も丁寧にサポートしているものもあります。

3、実際に起こりそうなこととその解決、回避方法

では実際にヘナについて起こりそうなリスクと解決方法をご紹介していきましょ。

(1)染まりが悪い場合

時間をおいたのに、染まりが悪い場合、ヘナの品質が悪い場合と、塗り方が悪い場合が考えられます。

通常販売されているヘナには、説明書が付いていますが、初めての方には少しわかりにくいこともあるかと思います。動画を見たり、塗り方を教えてくれるヘナの会社を選ぶことで染まらないということは回避できるでしょう。

そして、ヘナがめんどくさいという概念も覆されるかと思います。

(2)早い時間で染まりすぎる

通常40~60分程染めている時間がかかります。20分ほどで染まるヘナの場合は化学染料が入っている可能性もありますので、ヘナをされるのであれば、天然のヘナ100%のヘナをお勧めします。

(3)どのヘナを使ったら良いのかわからない

数あるヘナの中で自分に合うものを選ぶことはとても大切です。

美容師さんに相談したり、すでに使っている人のご意見を伺うもの良い情報につながるでしょう。ヘナは、匂いや品質が合わないものを選択してしまうと、嫌になってしまうことも多いとので、ぜひ慎重に選んで良いヘナに出会っていただけたらと思います。

4、綺麗な髪にするためにメタトロン測定器がオススメな理由

ヘナで白髪を染めたり、心や体の浄化をすることもできます。そんな髪をさらにメタトロン測定器で心身の周波数を整えることで頭髪や、髪の状態も健やかに整っていくでしょう。

(1)メタトロン波動測定とは?

メタトロン波動測定器は全身の詳細な現状の状況が視覚的にわかりやすく、短時間でスキャンすることができるのです。肌を作る原料にもなる食べ物の合う、合わないやストレス(心の)状態なども知ることができるのです。

(2)なぜ髪を綺麗にするために波動測定がおススメなの?

具体的には、髪の乾燥やキューティクルなどは地肌の状態が関係しています。肌のうるおいを保つ水分調整などは、内臓の働きが影響を与えてもいますので、その状態を整えることも大きなつながりがあります。

また、紫外線やストレスの状態も髪の状況と繋がっています。その状況を知って、波動調整することで内側から整っていくこと、しかも薬や強い刺激もなく、短時間で調整することができるのがメタトロン波動測定器なのです。

メタトロン周波数測定器では、体全体の周波数や必要な食事や鉱物など、自身の体の調整してくれるのに必要なアイテムや食品が導き出されます。

髪や爪の潤いや輝きには必要なタンパク質や栄養素もあります。そして体全体の周波数を把握して調整してくれるメタトロンを活用していくことも実はおすすめです。

まとめ

ヘナには、白髪を染めるだけではなく、体の浄化や祓い清める高い効果効能があります。

数多くあるヘナの中から、自分にあった高品質のヘナに出会うことがとても大切であることがわかっていただけたかと思います。

白髪を染めるだけでなく、体の浄化や腎臓や肝臓のデトックスと考えて見ると、安くて早く染まるという概念ではなくて、本当に品質や取り扱う会社の姿勢なども確認して選ぶことが重要であると言えるでしょう。

ヘナは染めれば染めるほど、体にいい効果があるものです。いいヘナを選ぶ、そして、髪全体にたっぷり塗り、粉を混ぜる時に綺麗になあれという良い想いを込めてぬることで使えば使うほど髪に輝きがましてきます。

ぜひあなたにぴったりのヘナを探してみてくださいね。

 

メタトロン測定器で今すぐあなたの身体をくまなくチェックしたい!という方はメタトロン測定ができるクリニック・サロン一覧をご確認ください。

東京で「メタトロン測定ができるクリニック5選・サロン4選」徹底比較

大阪・近畿エリアで「メタトロン測定ができるクリニック5選・サロン2選」徹底比較

九州(福岡)で「メタトロン測定ができるクリニック5選サロン2選」徹底比較

埼玉で「メタトロン 測定ができるクリニック3選」徹底比較

 

  • この記事を書いた人

Hapi

心の自然保護活動家。フォトヒーラー。自分らしい生き方、働き方のライフコンシェルジュ。フラワーアーティストに師事18年、ヒーラーとして起業し経営塾フォロワー4年。「スピリチュアル×現実化」の橋渡し。自然と人が共生して行くヒーリングガーデンを創って行くビジョンを持っている。1児の母。

-セルフケア

Copyright© メタトロンドットコム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.