セルフケア

簡単実践!人気の白湯ダイエットの効果とやり方まとめ

投稿日:

ダイエットに関心のある方なら、白湯ダイエットは、一度は聞いたことがあると思います。

白湯ダイエットは、温かい白湯を飲むだけというとても簡単なものですが、嬉しい効果がたくさんあります。そこでこちらの記事では

  • 白湯ダイエットのやり方
  • 白湯ダイエットの効果・メリット
  • 白湯ダイエットの注意点
  • 白湯ダイエットの効果を上げる食べ物、飲み物をカンタンに見つける方法

をご紹介します。

1、白湯ダイエットのやりかた

まずは白湯ダイエットのやり方をご説明します。

(1)白湯の作り方

朝一番に、1日800mlを目安に作ります。

① やかん、または鍋で水を湧かします。

② 沸騰したら蓋を開けた状態で10分程沸騰させ続けます。

 

白湯の出来上がりです。簡単ですね。

保温性のある容器に保存し、1日かけて飲みます。

(2)飲み方

飲み方、飲むタイミングは以下の通りです。

①朝一番

朝一番で、カップ一杯。

沸かしたての白湯を飲める温度、50度くらいまでに自然に冷まし(水で割るのはNG)、ゆっくりと時間をかけて飲みます。

特に朝は朝食の30分くらい前に白湯を飲み、身体を温めてから食べると、消化力が上がります。

②食事のとき

食事中の水分としてカップ1杯を飲みます。

一度に飲んでしまうのではなく、食事の合間に少しずつ飲むようにするのがポイントです。

間食(おやつ)の時も、まず白湯を飲んで一息つくと、食べ過ぎを防ぐことができます。

③就寝前

就寝前のホットドリンク代わりに飲みます。白湯は利尿作用もあるので量は気持ち少な目をおすすめします。

朝一番のように、ゆっくりと飲むようにすると、就寝前のリラックスにもつながります。

 

①、②、③ で1日5〜6杯、合計800mlほどになります。

 

2、白湯ダイエットの効果・メリット

とてもカンタンな白湯ダイエットですが、どんな効果が期待できるのでしょうか?

(1)冷え性改善

白湯は体の中で直接内臓を温めてくれるので、血液も温まります。血液は体を循環しているので、手足、全身が温まり、冷えが改善されます。特に朝一番は体が冷えていますので、体への負担がなく温まる白湯が最もベストと言えます。

また血行が良くなることで、肩こり、腰痛の緩和も期待できます。

(2)代謝アップ、脂肪燃焼率アップ

白湯で内臓の温度が1度上がると、免疫力は25-30%程度、基礎代謝は13%程度アップすると言われています。

例えば、1日の基礎代謝が1200キロカロリーの人の基礎代謝が13%アップすると、153キロカリー分のエネルギー消費が増えるということになります。これはなんと小さなプリン1個分に相当します。

例えば、毎日1200キロカロリーの食生活をしているAさんとBさん。基礎代謝1200キロカロリーのAさんと、1353キロカロリーのBさんの食生活にプリンを追加して、同じ生活を送ると、Aさんは太りますが、Bさんは太りません。そのくらいの違いが出てしまうのです。

(3)老廃物を排出

内臓が温められて内臓の働きが良くなると、消化が促進されます。内臓機能が上がると、老廃物の排出力も上がります。

老廃物の排出が進むと、肝機能、腎機能がよくなり、むくみの改善などにも効果的です。

(4)便秘解消・利尿作用

白湯で胃腸が温まり、消化機能が良くなると、胃腸の働きも良くなりますので、排便がスムーズになります。特に朝一番で飲む白湯が効果的と言われています。

また、体が温まり、肝臓、腎臓の働きが良くなることで、血液、リンパの流れも良くなり、尿の量も増えてむくみ改善につながります。

 

ご紹介した、これらの効用の相乗効果として

  • 肌荒れ改善
  • シミ、シワの防止、美白

など、美容への効果も期待されますので、美容のために白湯を飲んでいる人もとても多いのです。

 

3、白湯ダイエットの注意点

次に白湯ダイエットの注意点をご紹介します。

(1)飲み過ぎ注意

まず、飲み過ぎは禁物です。白湯は飲み過ぎると返ってむくみの原因にもなります。飲む量は1日800ml程度までにしておきます。

また、食事中にがぶ飲みすると、消化液を薄め過ぎてしまい、かえって消化力を落とすことになります。食事の合間に少しずつ飲みます。

(2)飲む温度

冷めすぎた白湯は効果が半減すると言われています。50度前後の少し熱い白湯を飲むようにします。ただし沸かし直しは良くないとされていますので、保温性のよい容器、ポット等に保管しておくことが大切です。

4、カンタンに白湯ダイエットの効率をアップさせる方法

とても簡単な白湯ダイエット。体への負担もなく、他のダイエットと合わせることもできるのも良いところですね。

ところで、皆さんは、ダイエットをする時は、ダイエット向きの食材をとり、太りそうな物は避けたりしますよね。

けれどもダイエットに良いとされていても、ご自分の体に合うかどうかはまた別の問題です。せっかく頑張ってダイエットしているのに、実は自分の体に合わない食材をとっていてはたとえダイエットに成功したとしても体に余計な負担をかけてしまうことになってしまいます。

ですので、今のご自分の体に合う食材からダイエット向きのものを選んで、さらに白湯ダイエットも取り入れれば、かなり効率が良いと言えるでしょう。

ダイエットするしないに関わらず、ご自分に合う食材を知っておく事がとても大切になります。

 

そこで活用して頂きたいのがメタトロン波動測定です。

 

メタトロン波動測定による「食性チェック」なら、わずか10分程度で

  • 今の体の状態に合う食べ物、飲み物
  • 今の体の状態に合わない(避けたい)食べ物、飲み物
  • 反応しているアレルゲン物質

を知ることができます。

 

また、メタトロン波動測定器では、今の自分の体に必要な波動を閉じ込めた波動水を作ることもできます。こちらは、わずか1分で作ることができます。

メタトロンの波動水はレメディーのように、飲み物に1滴、お風呂に数滴入れる等の使い方ができます。毎日の白湯に1滴入れて飲むようにすると、ダイエット効果、健康効果のアップが期待できそうですね。

メタトロン測定を活用すれば、今の体の状態にあった食べ物、飲み物を取り入れてダイエットをより効果的にすることができますね。

 

5、まとめ

いかがでしたか?

白湯を飲むという習慣は、インドの伝承医学アーユルヴェーダにルーツがあるとされています。

筆者は15年前からアーユルヴェーダの習慣を取り入れ、白湯を飲んでいます。同じ白湯ですが、その日の体調の変化により毎朝飲む白湯の味が変わるので、体調管理のバロメーターにもなっています。

 

伝承医学から生まれた白湯、最先端技術から生まれたメタトロン。両方の叡智、技術を使って、より健康な体づくり、効率の良いダイエットにすることができます。

 

この記事が、あなたのダイエット、健康にお役に立てましたら幸いです。

  • この記事を書いた人

tenko

「スピと心の翻訳家」 リフレクソロジストとしてキャリアをスタートし、メンタル系セラピーに移行。現在の現在のスタイルでのセラピーでは1000人以上の方と対面。心を元気にするための具体的な生活習慣や食事、そして身体を元気にするための心、言葉の使い方等、心身両面からのアプローチ、アドバイスが得意。目に見えないものを分かりやすく説明するのが上手いと評価されることが多い。

-セルフケア

Copyright© メタトロンドットコム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.