メタトロン

【メタトロンセラピスト】久光亜矢子さんのインタビュー

投稿日:

今回は、茨城県日立市・水戸市でフィットネススタジオを営む久光亜矢子さんにお話を伺いました。

久光さんは、インストラクター歴16年で、3歳の子どもから高齢者の方まで多くの方を指導してきました。

2020年6月からメタトロンを扱うセラピストとして活動をスタート。現在は、自身のスタジオを始め、各地で出張セラピーをしています。

機器の購入費用はコロナ関連の融資金で支払われたとのこと。購入までのストーリーやメタトロンを実際に扱ってみてどんな魅力を感じたかなどについて伺いました。

久光亜矢子さんってどんな人?

バレエをしていた母の影響で、食べ物にはすごく気をつけた育ち方をしてきました。

幼い頃からクラシックバレエを13年、中学生からは新体操を始め関東ジュニア大会で団体出場しました。その後もジャズダンス、タップダンス、クラシックバレエ、ストリートダンスなどダンス全般学校に進みレッスンを受け、20歳の頃からインストラクター業、コーチ業を始めて16年になります。私生活では、3人の子供たちに私が育てられています(笑)

自分が20代後半になった時に「いつまでこのダンスってのができるのか」とか「本当の健康ってなんだろう」みたいなところにちょっとぶつかりました。そこからいろいろ探し始めてアンチグラビティーという反重力を利用したフィットネスに出会い、スタジオをオープンするに至ります。

メタトロンとの出会いは ?

吉野敏明先生、内海 聡先生の本や勉強会でメタトロンを知りました。

初めはお医者様しか使えないものだと思っていたのですが、2020年5月にメタトロンドットコムのHPをみて個人でも扱えることがわかり、すぐ北村会長に連絡しました。
当時、自身の体調もあまり良くなかったのですが、メタトロンを体験したらすんなり改善し、驚きました。

さらに、メタトロンセラピーは、”自分の不調を誰かが治してくれるという依存を生まないところ”が特にいいと感じました。

本来、体の不調を誰かや何かが治すということはなく、薬が直してくれていると思っているだけなのです。

残念ながら薬は一時の魔法に過ぎず、自分の細胞を活性化できない上に、副作用もあります。
”セルフチェック、セルフヒーリング”のできるメタトロンで、根本的な治癒を始める人を増やしたいと思い、購入を決めました。

コロナ禍で融資を受けてメタトロンセラピストスタート!

私が購入を決めたのは、ちょうどコロナウイルスの流行で初めての緊急事態宣言が出た頃。
人との接触が難しい時期で、人々の健康意識がより高まるであろうと思いました。

メタトロンは、複数のビジネスではなく、1対1で行うため、スタジオで複数人に行うレッスンよりも感染リスクを抑えられます。行政からの休業要請などの対象にもならないこともいいと思いました。

購入費用のすべてコロナ関連の融資を使って賄うことが出来ました。購入元のメタトロンドットコムには、融資の申請に必要な書類作成などもスピード感を持ってサポート頂きとても感謝しています。

スタートしてから新規のお客様からのリピートが多く、お客様にはとても満足していただいています。

また驚くべきことに、これまでダンスインストラクター、新体操コーチ、マッサージセラピスト、ヨガなど様々なフィットネスを教えてきましたが、メタトロンが一番結果が出ています。

お客様の痩せたい、肌が綺麗になりたい、女性特有のトラブルを改善したい!という思いに一番応えられているということですね。

メタセラピーを受けられたお客様が「聞いて聞いて〜!!」と改善の喜びを報告してくださることがとても嬉しいです。

沢山のお客様に満足していただき、融資の返済も問題なくできています。

新規の事業としてもおすすめできると思います。

メタトロンのどこに惹かれたのか?

メタトロンが良いのは、セラピーをかけて終わりではなく、自分自身に合う食べ物や自分の身体の状態を知って毎日の生活で生かすことができることです。

世の中に身体に良いと言われているものってたくさん溢れているので、そういった情報に流されていると切りがありません。私は、「自分にとって悪さをしないものを基準に選ぶようにしてください。その判断のお手伝いがメタトロンにできますよ」とお伝えしています。

お客様と離れている時間の方が多いので、自分で自分のことを管理・判断できるようにして欲しいという意識で施術をしています。

自身の健康状態は日々の積み重ねの結果です。

自分のことをちゃんと知れたら、自分オリジナルの取扱説明書をもつことが出来ます。
何に頼ることもなく、自分自身で真の健康を手にできるようサポートしていきたいです。

取材を終えて

身体を動かすダンスのインストラクターさんが、なぜ身体を動かさないメタトロンを選んだの?という疑問からスタートしたインタビューでしたが、久光さんの豊富な知識と経験にメタトロンで見られるデータが組み合わさったら最強だな、と納得でした。

メタトロンの測定結果は誰がチェックしても同じですが、その後どこにセラピーをかけていくのか、日頃の食生活や運動はどうしたら良いのかという提案に差が出ます。

その点、久光さんはインストラクター歴が長く、豊富な知識の元にアドバイスをしていただけるのでとても頼もしいと感じました。

  • この記事を書いた人

IPP JAPAN東海北陸営業所 監修

-メタトロン

PAGE TOP