メタトロン

【メタトロンドットコム運営者】田村友一さんのインタビュー

投稿日:

今回はメタトロンドットコム サイト運営者である代表の田村友一さんにお話を伺います。

田村さんは、サイト内記事の監修やメタトロンセラピストの研修・広報はもちろん、全国にメタトロンサロンを開業しています。

2019年6月に東京サロンをオープンし、2020年3月大阪サロンをオープン。

ゆくゆくは福岡、名古屋にもサロンを出店する予定だということです。

そんなメタトロンドットコム代表の田村友一さんに、メタトロンとの出会いや魅力について、またどんなところにビジネスチャンスを感じたのか、今後の展望について伺いました。

田村友一さんってどんな人?

小学時代に3度の転校がありましたが、走るのが得意だったおかげでどの学校でも人気者でした。ところが、中学で身長が伸びず人気者になれなくなっていった(笑)

どうしたら人気者になれるかな?高校から野球を始めようかなと思ったんですが、野球だと小学校からやっている子達には勝てないなと。なら高校は捨てよう。大学デビューするためにテニス部に入ろう!と。

そんな先のことを中3の時点で考えているような強かな子どもでした。

結果、大学ではテニスサークルの大会で準優勝できて可愛い女の子と付き合えたんですよね(笑)戦略勝ちです!

僕は常々、ちょっと先を見ていた。自分のポジションが有利になるようなことを選択することが得意だったんです。

メタトロンに関してもそうで、2、3年後を見たときにこれは凄いモノを見つけたかもしれない!ビジネスチャンスがあるぞ!って思いました。

メタトロンとの出会いは?

メタトロンとの出会いは10年前。IPP JAPAN 東海北陸営業所統括マネージャーの北村さんと元々テニス仲間だったことがきっかけです。

※テニスが大好きな田村友一さん(全仏オープン)

当時から北村さんがメタトロンを日本に普及している人というのは知っていたんですが、最初はあまり興味がなかったんです(笑)

ただ、尊敬するテニス仲間たちがどんどんメタトロンを買っていくのでだんだんと気になっていきました。

その頃、ハイパーメディアクリエーターの高城剛さんが「不老長寿」という本を出されてその中で東洋医療やメタトロンに触れていたりもして益々気になって。

ついに2年前にメタトロンがバージョンアップしてチャクラまでも見られるようになったと聞いて興味がピークになり、初めてメタセラピーを受けてみました。

その時これは自分の身体にもいいし、これからのビジネス展開としてありだなと確信して思って、購入に至りました。

メタトロンに出会い好きになるきっかけは人それぞれですが、僕の場合はメタトロンに関わる“人”でした。その方たちが魅力的で尊敬する方々だったことが大きな決め手だったように思います。

この人がいいって言うんだから試しに受けてみよう!そんな入り方もアリだと思います。

メタトロンがビジネスとしてアリだと思った理由は?

僕は元々広告代理店業の出身のマーケッター。僕にしかできない方法でメタトロンの普及に貢献するとしたら、メタトロンに関する情報を集約したサイトを立ち上げることだと思い、すぐに取り掛かりました。

ビジネスとしてありだなと思った理由は3つあります。

1つ目

メタトロンが日本ではまだ医療機器として認められていないというところ。つまり、大手が参入してこないマーケティング領域だから低資本でも1位になれる分野だと感じたんです。

2つ目

メタトロンが技術的に本物だと感じたことです。

ドイツ発祥でロシアで人体実験を重ねて開発され、海外では医療として認められているのがメタトロン。

日本ではまだまだ認知度が低いけれど、知る人ぞ知るものなんです。

3つ目

メタトロンについての情報を発信している企業がほぼなかったことです。

メタトロンを第一人者として日本中に広げている北村さんが、ウェブ上ではブランディングされていなかったからこそ、僕の得意なことがあるぞ!と。

メタトロンを愛し、誰よりも勉強されている北村さんとタッグを組んでサイトを展開すれば業界王手になれる!情報を求めている方々にいいものを届けられると確信しました。

2021年には日本に初めてメタトロンを導入した方もメタトロンドットコムチームに参画してくれることになっています。

メタトロンについて知りたい人が検索した時、一番最初に見つけてくれるプラットホームがメタトロンドットコムでありたいですね。

メタトロンセラピストとして働く人を増やしたい

メタトロンの施術は扱うのに資格がいるものではないので、誰でも開業することができます。

実際にメタトロンドットコム東京サロンでは、元々医療関係者ではない安部くんがセラピストとして活躍しお客さんも多数ついていますし、
整体師としてサロンを開かれている方が、年老いて体力がなくなってもできる仕事にシフトしていきたいとメタトロンを導入しています。

メタトロンドットコム経由で機器を購入されると、メタトロンの操作マニュアルやセラピーの仕方の研修を無料で受けることができます。

メタトロンドットコムのサイト内でも開業されたサロンを無料で掲載しています。

うちの研修を受けてサロンを開いたら月の収入50万円も夢じゃないですよ。

メタトロンサロン開業で月50万円収入の試算

  • 相場価格:約1万円/1セラピー
  • 月の収入:20日稼働×3人/日=60万円!!

これを積み重ねると…スタートから1年未満で収入合計550万円となりメタトロン機器代金を回収でき、その後はやればやっただけ利益になる計算です。

※脱毛やエステと違って材料費は一切かかりません。

どうですか?ビジネスとしての可能性も伝わりましたでしょうか?

1時間あたりの時給単価が高くて自分の好きな日に働けるツール、それがメタトロンです。

でも何より大切なのは、自分自身がメタトロンを受けて良さを実感できること。

いいものを広めたい!健康に生きられる人を増やしたい!という情熱が不可欠です。

メタトロンを介して広がる人との出会いも魅力

※IPP社代表ベラさんとの会食時の写真

ここ2年ほどサロン経営をしてきて、メタトロンは人生100年健康でいたいという前向きな人が集まるツールだと感じました。

お客様は1回約1万円払って受けに来てくださる。まだまだマイノリティーな施術にも関わらず、感度が高く、自分の健康に対して前向きな方々ばかりです。

ネガティブな人が少なく、健康になりたいというモチベーションが高く、人生を楽しもうとするエネルギーに溢れています。

そんな方々がメタトロンと出会って、気合いではなくサスティナブルに元気でいられるための食生活や生活習慣、規則正しい生活を意識できるようになってさらに健康になられていく姿を見てきました。

今は、薬を飲んで症状を緩和させる対処療法ではなく、予防医学の時代です。

これから益々メタトロンのファンは増えていくでしょう。

僕は、サイト運営者として「未病といったらメタトロン!」「メタトロンのことならメタトロンドットコム!」という業界最王手の地位を築いて、健康の輪を広げていきたいです。

2021年からはさらにメタトロンが流行する施策を打っていきますのでご期待ください!

インタビュアー/文:メタトロンドットコムアナウンサー 小野木梨衣

  • この記事を書いた人

IPP JAPAN東海北陸営業所 監修

-メタトロン

PAGE TOP