セルフケア

デブ菌を減らしヤセ菌を増やして美しく痩せる方法

投稿日:

腸内環境を整えて、美しく痩せませんか?腸内環境を整える腸活の基本は「健康」にあり、痩せるためにはまず腸内環境の整備が必要です。

腸内環境が悪化すると、便秘になってむくんだり太ったり。それだけで不調の原因にもつながりかねません。今日は腸内環境を左右する「デブ菌」「ヤセ菌」についてご紹介します。

快適な腸内環境作りと美しく痩せるヒントとなれば幸いです。

1、デブ菌とは?

私たちの腸内には、約1,000種類、1,000兆個以上の細菌がいるとも言われています。善玉菌・悪玉菌・日和見菌という3種類に分けられ、善玉菌20%:悪玉菌10%:日和見菌70%のバランスが健康的な比率だといわれています。

ここで言うデブ菌とは悪玉菌のことです。デブ菌は消化され排出すべきものまで、体内に溜め込んでしまう性質を持っています。

また一説には遺伝によるものもあるとされていて、親が肥満だと子供も肥満になる可能性があるとも言われています。

デブ菌は加齢に伴って増加するので意識して減らす必要があります。また現代社会に生きる私たちの生活は腸内環境を悪化させやすい環境にあります。

飲酒やストレス、偏った食生活など、デブ菌が増えやすい生活を送りがちなのです。年齢に関係なく誰もが「高齢者に近い腸内環境かもしれない」という認識をす意識することが必要です。

2、デブ菌が身体に及ぼす影響

デブ菌は腸内にある食べカスを腐敗させて腐敗物質を生み、更には毒素・発ガン物質を発生させ、大きな病気の原因を作ることがあります。便秘が怖いのは、体外に排出されない便がデブ菌の温床となるからです。

便が大腸にとどまり続けている間ずっと腸壁は水分を吸収し続けます。体外に排出されるべき物質から取り込まれた水分は有害で、その水分が体内を巡ると不調の原因につながることもあります。

代謝が下がり冷え性になったり、肌荒れ、髪の毛のツヤが失われ、美しさが損なわれ始めます。

またヤセ菌とデブ菌の均衡が崩れることで脂肪を取り込みやすくするデブ菌が腸内で増加し、太りやすくなります。同じ量を食べていても太る人と太らない人とがいますがこれは腸内細菌によるものです。

昔は痩せていたのに、今はこんなに太ってしまうと、鏡を見ることも、おしゃれもメイクさえも苦痛になります。

一害あって百利なし。デブ菌が及ぼす影響は肉体だけでなく、精神にも影響してきます。

3、デブ菌を減らすための2ステップ

では、デブ菌を減らすためにはどうしたらいいでしょう?ずばり腸内環境を整えることです。

ステップ1:デブ菌が増える食べ物を知る

砂糖、肉、小麦粉、揚げ物、冷たいものばかりを摂ると、デブ菌の増加につながります。カツ丼、フライドポテト、背脂たっぷりのラーメン、ステーキなどの高脂肪・高糖分の食べ物はデブ菌の大好物。毎日食べるのは控えましょう。

また、お菓子や甘い飲み物が習慣化している人も、まず食生活の見直しをしてみましょう。

ステップ2:食べない時間を作ってみる

常に食べていると腸は休めません。腸に常に食べ物がある状態だと腸内細菌のバランスは崩れやすくなります。

腸内環境を健やかに保つためにも、ダラダラ食べる習慣を改めましょう。

ステップ3:毎日コツコツ続けてみる

腸内環境は日々変化します。日々の小さな積み重ねで、良くも悪くも傾くのが腸内環境です。

高脂肪・高糖分の食べ物を摂り過ぎたと感じたら翌日の食べ物で調整してみる。そもそも多く食べ過ぎたと感じたなら腸を休めるために食事を少なくしてみる。毎日の小さな積み重ねを続けていきましょう。

4、ヤセ菌を増やし美しく痩せる方法

ここからはヤセ菌を増やすための方法をご紹介していきます。

(1)ヤセ菌を増やす食べ物とは?

水溶性食物繊維多く含む食べ物はヤセ菌を増やしてくれます。

納豆菌、味噌・醤油・酢などの麹菌、ワイン・甘酒などの酵母菌、漬物・チーズ・ヨーグルトなどの乳酸菌、玉ねぎ・ゴボウなどに含まれるオリゴ糖、海草・こんにゃく・きのこなどに含まれる水溶性食物繊維などを日々摂るようにしましょう。

ひとつのものを大量に摂るよりは、多くの種類を少しづつ摂りましょう。

乳酸菌に関しては、ひとつの種類を2週間ほど試してみて、自分と相性の良いものを選ぶと良いようです。相性が良いかどうかは食べてみて、肌ツヤ・便通がよくなればOK。おなかの調子を崩したり、下痢をしてしまうものは避けましょう。

(2)ストレスと上手に付き合う方法

内臓は副交感神経がはたらく夜中に活発化すると言われています。副交感神経のスイッチが上手く入るよう、就寝前にリラックスタイムを作ることが大切です。

現代社会でストレスなく生きるのは至難の技。オン・オフの切り替えができる環境づくりをしましょう。おすすめなのはバスタイムです。好きな香りで思い切りリラックスしましょう。

失敗をしてしまったり、上手くいかなかったことがあるかもしれませんが、くよくよ悩み自分を責め続けたとしても、そのことで得をする人は誰もいません。できなかったことを悔やむよりも、誰かがあなたのためにしてくれたことを思い出し、感謝しましょう。

感謝することがない日には、今日も健康に働けたことに感謝しましょう。自分の体に、内臓に感謝しましょう。住む家があることに、食べるものがあることに、働ける仕事があることに感謝してみましょう。

腸内では幸せホルモン、セロトニンがつくられているとのこと。スムーズに感謝できるようになったなら、腸内環境も整ってきている証拠かもしれません。一人反省会をして落ち込むよりも、誰かに、何かに感謝をし、より一層のメンタル腸内美化をしてみましょう。

5、腸内環境を整えるために1分でできること

より充実した腸内環境整備のために、メタトロン波動測定をおすすめしています。

メタトロン波動測定では、あなたと相性の良い食べ物を調べることができます。たとえば海草やきのことは相性が良くても、もしかして納豆とは相性がよくないかもしれません。自分と相性の良い食べ物でヤセ菌を増やしていくアドバイスが受けられます。

またこの測定では、摂りすぎている食べ物や、相性の良くない食べ物についても知ることができます。今のあなたの身体・精神の状態や、今はまだ表面化していない不調なども、わずか15分程度のスキャンで見ることができます。

メタトロン波動測定は、日本各地にあるメタトロン導入施設で受けることが可能です。ご利用の際には事前のご予約をおすすめします。

波動検査・測定が可能な東京エリアのクリニック6選・サロン4選

波動検査・測定が可能な大阪・近畿エリアのクリニック4選・サロン3選

北海道で「メタトロン測定ができるクリニック3選・クリニック3選」徹底比較

横浜で「メタトロン波動測定ができる整体院・サロン」徹底比較 

埼玉で「メタトロン 測定ができるクリニック3選」徹底比較 

九州(福岡)で「メタトロン測定ができるクリニック5選サロン2選」徹底比較

東北エリアで「メタトロン測定ができるサロン3選」

栃木・茨城エリアで「メタトロン測定ができるサロン5選」

まとめ

いろいろな情報をお届けしてきましたが、いかがでしたか?

知識を知識のままにしておくのか、生きた知識として活用し美しく健康的な人生を送るのか。全てあなた次第です。

全てを一気に始めるのではなく、できるところからスタートしてみませんか?お役に立てたならこれに勝る幸せはありません。ありがとうございました。

 

  • この記事を書いた人

sasaki

2007年ベビーマッサージ・インストラクターからスタート、カラーセラピーや数秘術、オラクルカードリーディングや催眠療法などを学ぶ。現在はそれらをベースにしたオリジナルセッションでリアルとスピリチュアルを上手く取り入れ、個性を発揮して生きるアドバイスをしている。

-セルフケア

Copyright© METATRON(メタトロン)ドットコム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.