セルフケア

肌荒れの原因は腸内環境の悪化かも?正しい腸活で美肌美人に

更新日:

女性なら誰もが憧れるトラブルのない美しい肌!少しでもニキビや肌荒れがあると、何となく心も体もすっきりしないものですよね。

実は、美肌への近道は「腸」を鍛えることにヒントがあります。しつこい便秘や肌トラブルは腸年齢が高くなっているサインです。

日常生活で少しだけ「腸」を意識し美しい肌を作るためのエイジングケア「腸活」についてご紹介します。

1、ニキビや肌荒れは腸内環境の黄色信号かも!?

全身の免疫機能の6割を占めると言われている腸は、善玉菌・悪玉菌・日和見菌の3種類の腸内細菌がバランスを取りながらコンディションを整えています。

食生活の乱れやストレスなどの影響で腸内のバランスが崩れると、悪玉菌が増えて有害物質を発生しニキビや肌荒れ、便秘や冷えなど体に様々なサインとして現れます。

肌トラブルを感じたらまずは腸内環境を見直してみましょう!

2、悪玉菌がお肌に与える影響とは?

悪玉菌が増えると排せつ機能の働きが鈍くなって便秘になります。

排せつしきれなかった食べ物のカスと一緒に腐敗して有害物質を発生させ、腸内に溜め込んだ老廃物はやがて血液中にあふれ出し、最終的に毛穴から排出させようとする働きが起こります。

その際、有害物質が皮脂や角質と結びつくことで肌に負担がかかり、ニキビやアレルギー、肌の黒ずみなどの肌トラブルを引き起こす原因になるのです。

3、腸内環境を整える=美肌のもと

善玉菌が多い腸内環境は消化吸収力や排せつ機能が高まり、肌に必要な栄養素を取り込みやすくなります。善玉菌の働きで老廃物を便としてスムーズに出すことができるため肌への負担もかかりません。

腸内環境を整え元気な腸にすることは、美しい肌の土台を作るためにとても大切なのです。このように肌の美しさと腸内環境には深いつながりがあるため、外側からのお手入れだけでなく腸のお手入れも同時に行っていきましょう!

4、今すぐ実践!腸内環境を整える美肌レシピ

美肌を作るためには食生活を整えて毎日の習慣にしていくことが大切です。どのような食事を心がけると良いか、また腸が元気になるおすすめの簡単レシピをご紹介します。

 (1)食事から美肌を手に入れる方法

腸が喜ぶ食事を心がけることで腸年齢は若くなります。腸が元気になる食生活のポイントを知って今日から元気な腸を育てていきましょう!

①発酵食品を取り入れる

発酵食品には抗酸化作用があり腸内環境を整えて免疫力を高める「善玉菌」が多く含まれています。代表的なものに乳酸菌があり、肌の老化をおさえ肌荒れや便秘の原因となる悪玉菌を減らす働きがあります。主に納豆や漬物、味噌、チーズ、ヨーグルトなどに多く含まれており積極的に毎日の食生活に取り入れることをおすすめします。

②食物繊維を取り入れる

食物繊維は胃や小腸では消化吸収されず、大腸まで運ばれ腸内細菌のエサとなって便として排出されます。善玉菌の味方になり有害物質の吸収を妨げるなど重要な働きをしているのが食物繊維なのです。主に海藻、キノコ類、根菜類、豆、イモ類などに多く含まれており、毎日の食卓にバランス良く取り入れてみましょう!手軽にとれるものではドライフルーツやシリアルなどもおすすめです。

③善玉菌を増やすのを妨げる食品を減らす

悪玉菌は脂肪分や保存料などの添加物をエサとして増殖します。外食、肉類中心の偏った食生活や、忙しい現代人にとって手軽にお腹を満たすことのできるファストフードやインスタント食品などは、高脂質、高カロリーなうえに身体に必要な栄養素が低いため、腸活を意識した食生活ではなるべく避けるようにしましょう。

(2)簡単にできる腸活レシピ

食物繊維が豊富なキャベツを塩で発酵させた腸活レシピ「簡単!酢キャベツ」をご紹します。作り置きができるため毎日続けやすく、またアレンジも効くのでぜひ作ってみてください!

【材料】
・キャベツ 1/2玉
・天然塩 小さじ2
・酢 200ml

①キャベツを千切りする(カット野菜でも可)
②千切りしたキャベツを袋に入れしんなりするまで塩でもむ
③酢を入れる
④煮沸消毒させた保存容器に入れる

一晩おいて味が馴染んだ頃が食べごろです。酢が苦手な方は塩だけでも大丈夫です。付け合わせだけでなく、サンドイッチやトーストの具材にもおすすめです。

5、食事以外の簡単美肌レシピ

美肌作りのために出来ることは食事だけではありません。入浴やマッサージ、保湿など体の外側からできる効果的なスキンケアについてご紹介します。

(1)エプソムソルト入浴デトックスで正しいターンオーバーを

欧米では古くから知られモデルやアスリートたちの間で話題になっているエプソムソルトをご存知ですか?15世紀頃イングランドのエプソムという場所で発見された海水から取れる硫酸マグネシウムのことで、白い塩に似ていることからエプソムソルトと名付けられました。

マグネシウムは体に必要なミネラルのひとつです。水に溶けやすく肌からマグネシウムを吸収することができるため入浴剤として使用されるようになりました。

エプソムソルトを入れたお風呂に10分ほど浸かると、個人差はありますが汗をかきやすくなり老廃物や体の毒素が汗と一緒に体外へ排出され、新陳代謝がよくなって肌のターンオーバーが正しく行われるようになります。

エプソムソルトは刺激性があるため、肌の弱い方はパッチテストを行い、また高血圧や糖尿病、心臓病などの薬を飲まれている方は薬剤師やお医者さまに相談してから使用するようにしましょう。

エプソムソルトについてはこちらをご覧ください。

(2)簡単3分!腸つかみ&骨盤回しエクササイズ

滞りがちな腸を刺激して「出す力」を付けることも大切です。昔から「お腹の調子が悪いときは「の」の字にマッサージをする良い」と教えられた方も多いのではないでしょうか。

腸はマッサージや体操などの外側からの刺激をダイレクトに伝えることができる臓器です。腸を動かして「出す力」を付けるためのエクササイズをご紹介します。

腸には左右の肋骨下と腰骨あたりの4ヵ所に便が滞るポイントがあります。この4つの場所をギュッとつかみ、ゆっくり3分かけてもみほぐしましょう!そのあと骨盤を8の字に回すことで多方向から大腸を刺激することができ効果的です。

出展:https://style.nikkei.com/article/DGXMZO21549990W7A920C1000000?channel=DF260120166503

 

腸つかみ&骨盤回しエクササイズを動画でご覧いただけます。

https://www.nhk.or.jp/lifestyle/article/detail/00182.html

 

(3)正しい保湿で美肌習慣

美肌のために毎日のスキンケアが大事だとわかっていても、仕事などで忙しくしているとつい疎かになってしまいがちですよね。また化粧水に乳液を重ねてきちんと保湿しているつもりでも、何となく肌の乾きを感じてしまうことはありませんか?

いつも潤いに満ちた肌をキープしている女性は、どのようなスキンケアをしているのでしょうか。乾き知らずの潤い肌になるための大事なポイントは徹底した化粧水での保湿にありました。お手持ちの化粧水を使って今日から徹底した保湿を習慣にしていきましょう。

美肌名人の保湿テクについてはこちらからご覧いただけます。

まとめ

健康と美容のために大きなカギを握っているのが腸です。腸を意識した食生活やエクササイズを毎日続けていくことは、便秘や肌トラブルなどの悩みを解消するだけではなく、年齢を重ねても負けない身体づくりに役立ち、多くの女性の願いでもある美肌や老化防止などたくさんのメリットがあります。

適切なスキンケアに加え、少しだけ腸を意識した生活で美肌への第一歩を始めてみませんか?より効果的に「腸活」を始めたい方には、今とても注目されている「メタトロン波動測定器」がおすすめです。

一人ひとり体質や腸内環境が違うため、当然同じ食事をしていても効果に違いが出てきます。「メタトロン波動測定器」を使うことで自分の身体に合う食べ物を知ることができ、腸に良いとされる発酵食品や食物繊維のなかでも、あなたの身体に効果の出やすいものが分かり、より深く腸へのアプローチが可能になるのです。気になった方は一度「メタトロン波動測定器」を体験してみてください。

メタトロン測定器についてもっと詳しく知りたい方はこちらもあわせてお読みください。

  • この記事を書いた人

ayako

短大卒業後、地元の観光協会に就職し観光地やイベント、お店などを紹介する仕事に従事。独学でホームページ作成やデザインなどを学び情報発信の楽しさを知る。その後、秘書の仕事へ転職。マナーや気配り、心について知識を深めるようになり、友人から相談のメールを数多く受けるようになる。自分が気付いたことなどを時々ブログに掲載。また興味のあることを学ぶことが好きで、調理や栄養、健康に関することから心の世界まで幅広く日々勉強中。

-セルフケア
-

Copyright© メタトロンドットコム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.